東京大学出身は本当に仕事ができるのか?

 日本の学歴社会の頂点に君臨してきた「東大法学部」。政財官に人脈を伸ばし、国を支えてきたえたエリートたちの母体だ。良くも悪くもスタイルを変えてこなかった「象牙の塔」にも、時代の激変の波は押し寄せる。偏差値序列社会は終わるのか。かつて「砂漠」と称された東大法学部はいま、脱皮の時を迎えている。AERA 2017年3月27日号では、東大法学部を大特集。  基本スペックは「ずば抜けた頭脳」。それだ…

続きを読む

ブラジャーを着けると昇進できる?

「とても気持ちが安らぐんです。もうブラなしでの生活は考えられません」――。 ブラジャーを愛用する男性、「ブラ男」の存在がクローズアップされたのは2013年頃からだといわれている。彼らはいわゆる女装趣味を一切持っていない。一見、ごく普通の男性として日常生活を送っている人たちだ。職場の同僚はもちろん、友人だって、よもやスーツの下にブラジャーを着けているとは、想像だにしないだろう。なぜ普通の男性が「…

続きを読む

複雑な料金プランを比較するときの2原則とは?

いよいよ4月から始まるガス自由化。東京電力は日本瓦斯(ニチガス)と提携して、東京ガスの販売エリアで都市ガスの供給を始める。関西でも関西電力がガスの販売に参入する。自由化による各社の競争の中で、「ガス料金が今までよりも安くなるのでは」と期待されている。 昨年4月に実施された電力の小売自由化でも、首都圏では東京ガスをはじめ、インターネットプロバイダや中国電力など他地域の電力会社が参入した。 しか…

続きを読む

マクドナルドでの注文・受取の待ち時間ゼロに?

今夏から順次、全店でクレジットカードを使えるようにするほか、主要な交通系電子マネーにも対応すると発表した、日本マクドナルドに関する新たなニュース。 米マクドナルドはスマートフォンで注文と支払いを済ませ、店頭で商品を受け取る「モバイルオーダー&ペイ」を全米の店舗のみならず、日本を含む世界の店舗に導入する計画を発表した。 今や米国のファストフード業界、外食業界ではモバイルオーダー&ペイは常識化し…

続きを読む

中国メディアによると、日本人が落とし物を届けるのは善意が理由ではない?

 警視庁遺失物センターのまとめによれば、2016年に東京都内で警察に落とし物として届けられた現金は前年比7.3%増の約36億7000万円に達した。単純計算では1日あたり約1000万円の現金が警察に届けられていることになる。  日本人の多くが拾った現金をネコババをせず、警察に届けていることは多くの中国人にとっては驚き以外の何物でもないようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、拾った現金を自分…

続きを読む

言論の自由を盛んに叫ぶ新聞社が求める「言論の自由」とは、自分たちだけに認められた言論の自由なのか?

東京新聞論説委員である長谷川氏が語る。 東京新聞がいよいよ、おかしくなってきた。TOKYO MXの番組「ニュース女子」の沖縄特集で私が司会を務めたのを理由に、私を「降格処分」したのは多くの読者がご承知だろう。それだけでなく、今度は同紙に書いた私のコラムを「ボツ」にしたのだ。 結論を先に言えば、私はこちらの方が番組よりも深刻な問題をはらんでいると思う。なぜなら、これは「言論の自由」を侵害しただ…

続きを読む

行動経済学を学べば無駄遣いをなくせる?

あれも欲しい、これも欲しい。ついつい止められない無駄遣い。「思ったより散財してしまった」という経験は、誰しもあるのではないだろうか。 通販サイト・実店舗どちらにおいても、売り場のそこかしこには、我々が知らず知らずのうちに購買意欲を促されるような仕掛けが溢れている。潜在的、顕在的にかかわらず。この時に「こんなに使う予定ではなかったのに」という無駄遣いは、我々の「脳のクセ」が関係し…

続きを読む

その家計簿アプリの提供者はきちんと登録されている?

(注)現時点ではまだ登録制度はありません。 2017年3月3日に「家計簿アプリ事業者を登録制に」することなどを盛り込んだ銀行法の改正案が閣議決定された。 銀行口座やクレジットカード、現金での商品購入などを一括管理できて、しかも光熱費、食費などを自動的に分類してくれる「家計簿ソフト」。一目で家計の状態が分かることから、節約の手助けにもなると、使用しているユーザーが急激に増えている。無料アプリの…

続きを読む

方法さえ知れば記憶力は上がる?

学生時代、試験勉強などで「暗記」しなければならないことは多かったと思います。そんなとき、なかなか覚えられず苦労した経験を持つ人は、「自分は頭が悪いから覚えられないんだ」と思っているかもしれません。 実は、それは間違いです。記憶力は本来、頭の良し悪しとは関係のないものです。では、覚えられる人とそうでない人は何が違うのか。それは、記憶するための「方法」です。方法を間違わなければ、誰でもきちんと知識…

続きを読む