屋内全面禁煙にあなたは賛成?反対?

 日本では、昔は、電車、タクシーはもちろん、飛行機や病院の待合室でもたばこは吸えていた。  在来線特急に初の禁煙車(エル特急「とき」)ができたのが1981年、禁煙タクシー第一号が出たのが1988年、JAL・ANAが全便禁煙にしたのは1999年のこと。  世界では、世界保健機関(WHO)が1970年の総会においてたばこと健康に関する最初の決議が行われたことを契機に世界各国政府に対し積極…

続きを読む

浪費を減らし、貯金をしたいなら、行動経済学を学べばいい?

「メンタル・アカウンティング」という言葉をご存じだろうか。日本語では「心の家計簿」「心の会計」などと表現される行動経済学に基づいた理論で、ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマン氏なども、積極的に研究・実験に取り組んでいる。 人間の心理は必ずしも合理的に働くものではない。「頭では理解しているにも関わらず、行動がともなわない」という矛盾は、誰の心の中にも潜んでいる。この矛盾…

続きを読む

不用品・廃品回収を頼むときにトラブルを避けるためにはトラック(車)を見ればいい?

 時々、不要ゴミの回収などで流しのトラックを見かけることがありますが、後から料金の請求をされるなどのトラブルも散見されています。  実際のトラブル事例は次のとおり。(国民生活センターから) 【事例1:無料と思って呼び止めたら、後で有料と言われた】  「不用になった家電製品等を無料で回収する」とトラックでアナウンスしていた業者を呼び止めて、テレビの回収を依頼。家に来た業者は「回収費用は2…

続きを読む

偽造品が見つかったハーボニー、もはや薬剤師も信用できない?

 正規とは異なる「裏」の医療用医薬品流通ルートで出回ったことが明らかになったC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品。  本物のハーボニーは、ひし形のだいだい色の錠剤で、その表面に「GSI」、反対面に「7985」の刻印があり、1ボトル28錠入り。  「ハーボニー配合錠」の薬価は1錠54,796.9円のため、ボトル(28錠)で約150万円。(ちなみに日本で販売され始めた2015年の薬価は…

続きを読む

弁護士に横領されて泣き寝入りだった人にも見舞金が出るようになる?

 成年後見人を務める弁護士らによる横領が相次いでいることを受け、日本弁護士連合会は4日までに、被害者側に「見舞金」を支払う制度などを新設することを決めた。10月から運用される。  認知症などで判断能力が十分ではない人の後見人になりながら財産を着服したり、依頼者から預かった金を返さなかったりしても、弁護士に資力がないと弁償されず、これまでは被害者は泣き寝入りするしかなかった。  新制度…

続きを読む

ATMでセブンイレブンのクーポンがもらえる?

 セブン銀行はATMに近づくとスマートフォン(スマホ)にクーポンを配信するサービスの実証実験を始めた。クーポンはグループ会社セブン―イレブン・ジャパンのコンビニエンスストアでコーヒーと交換できる。人通りの多い場所にもあるATMを活用した情報発信の可能性を探る。  東京都内と神奈川県南部を結ぶ京急線の23駅に設置しているATM38台が対象。28日まで実施する。米アップルのスマホ「iPhone…

続きを読む

これからは弁護士を選ぶにも、あいみつ(相見積もり・合見積もり)をとる時代?

 法律相談サイトを運営する弁護士ドットコムは、弁護士への依頼を検討している個人や企業関係者が、サイト上で複数の弁護士から相見積もりを得られる無料サービスを6日始める。  サイトの利用者を増やし、広告収入などの増加を狙う。  利用者が相談・依頼したい内容を記入すると、登録している弁護士の中から最大10人が自身の見積金額を提示する。利用者は金額を比較して依頼先を選べる。  提示期間は2…

続きを読む

理系のほうが文系より将来安心というのは間違い?

 三田紀房『エンゼルバンク-ドラゴン桜外伝-』主人公のモデルにもなった海老原嗣生が語る。  理系は文系と違って、確固たる専門知識があるから、将来にわたって仕事の不安がない。よくこんな話を親御さんたちが話しているが、それは間違いだ。  理系は、はやりすたりが激しい。選んだ技術が使えなくなることが多々あるのだ。少し過去を振り返ってみよう。  1950年代の学生の人気企業は「三白」と…

続きを読む

金塊盗難事件、貴金属店が換金に協力?

 福岡市博多区で昨年7月ごろ、警察官を装った男らに約6億円相当の金塊が盗まれた事件で、このうち約4億円分が換金されていたことが6日までに、捜査関係者への取材で分かった。福岡県警は5日、買い取りに応じた業者が、盗まれた金塊と知りながら換金に関わったとみて、盗品等処分あっせん容疑で東京都内などにある関係先を家宅捜索した。  捜査関係者によると、換金の際、都内にある貴金属店が法人間の取引を装うた…

続きを読む

投資するなら企業訪問が大切?

顧客の資産を預かり、絶対的収益を狙い投資運用するヘッジファンド(運用業者)。ファンドマネジャーは保有銘柄に自分が認識していないリスクがないか、常にチェックを怠りません。 もちろん有価証券報告書や説明会資料、補足資料などによって企業のことを理解することはできますが、これらの資料に記載されている数字からだけではわからないことがあるのも事実です。 さて、実際に企業訪問などをしたとき、ファンドマネジ…

続きを読む