これからの時代は公務員も副業?

 神戸市は職員が公共性のある組織で副業に就きやすくするため、4月から独自の許可基準を設ける。一定の報酬を得ながらNPO法人などで活動できるようにする。総務省によると、副業推進を目的に自治体が独自の許可基準を設けるのは珍しい。職員の働き方を多様化し、外部での経験を公務に生かして市民サービス向上につなげる。  4月から設ける基準では(1)社会性、公益性が高い(2)市が補助金を出すなど特定団体の…

続きを読む

老々介護ならぬ老々強盗?

 東京・目黒区の公園で86歳の男性のバッグを奪おうと殴って逃げたとして、63歳の無職の男が逮捕されました。  住居不定・無職の石綿和雄容疑者は去年9月、目黒区青葉台の公園で、ベンチに座っていた当時86歳の男性からバッグを奪おうとし、男性に抵抗されたため顔を殴り、けがをさせた疑いが持たれています。警視庁によりますと、男性のバッグには現金10万円が入っていました。石綿容疑者と男性の2人がもめて…

続きを読む

銀行員は最大の顧客には塩対応?

銀行とは顧客から預かったお金を別の顧客に貸し、その金利差で儲けるのがもともとの発想であります。言い換えれば借りる人が銀行にとっての最大の顧客のはずですが、銀行から顧客扱いされているのか、と考えてみると「そうだ!」と同感される方はどれぐらいいらっしゃるでしょうか? 私も日本の銀行から借りていますが、なぜ、もっと借りたいと思わないのか考えてみます。 銀行は預金してくれる人、投…

続きを読む

金融機関は顧客のためになっていないと金融庁が断言?

金融行政が大きな転機を迎えている。金融庁はこれまで不良債権処理など「銀行の健全性」を重視していたが、「企業と経済の成長と資産形成」を最大の目標として打ち出した。改革を進める金融庁・森信親長官は何を目指すのか。金融機関や顧客はどのように変わっていくべきか。  「これを読んで、思わず苦笑しましたよ」。ある独立系投資信託会社の首脳が示した文章は、金融庁が2016年8月に出した20…

続きを読む