中国メディアによると、日本人が落とし物を届けるのは善意が理由ではない?

 警視庁遺失物センターのまとめによれば、2016年に東京都内で警察に落とし物として届けられた現金は前年比7.3%増の約36億7000万円に達した。単純計算では1日あたり約1000万円の現金が警察に届けられていることになる。  日本人の多くが拾った現金をネコババをせず、警察に届けていることは多くの中国人にとっては驚き以外の何物でもないようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、拾った現金を自分…

続きを読む