教授は現場で役立たない論文だけ書いていればいいのか?

不正は企業や官公庁にも存在するため、学術界の新たな不正対策の参考になる。企業は不正を防ぐため、コンプライアンス(法令順守)コストを必要経費として扱う。例えば証券会社は違法な取引を防ぐため、営業職の勧誘電話を聞く監視役を置く会社もある。金融機関は職員の使い込みを防ぐためにダブルチェックを欠かさない。不正の発生する前提で防止策を日常業務に組み込んでおり、大学に組織として規律の担保を求める声も挙がる。…

続きを読む

詐欺してもきちんと税金を納めていたら違法にならない?(所得税法・法人税法では)

高齢者からお金をだまし取った罪に問われている男性が、その一部を隠して脱税したとして、東京国税局からこのほど、法人税法違反の疑いで刑事告発された。 報道によると、この男性は、横浜市にある寝具販売会社の実質的経営者だった。訪問販売で布団を押し売りされたことがある高齢者に「布団を買ってくれたら業者からの勧誘を止められる」と持ちかけて、お金をだまし取ったとして、昨年、逮捕・起訴されていた。 男性と販…

続きを読む

歩行者が邪魔だから「チリンチリン」鳴らした?それ違法です!!

「自転車は、道路交通法により、原則として『歩道』を通行してはならず、『車道』を通行しなければならないことになっています」 では、あの迷惑な自転車たちは、すべて「道路交通法違反!」と言えるのだろうか? 「ただし、例外があります。道路標識等により、自転車が歩道を通行してもよいことになっている場合や、自転車の運転者が児童や70歳以上の高齢者など一定の場合には、歩道を通行することができます」 M美…

続きを読む

喫茶店にデスクトップを持ち込んで営業時間中居続けても法律的にはオッケー?

スタバでコーヒーを飲みながら、リラックスしながら仕事に励む。そんなライフスタイルを実現している人もいるだろう。ただ、ちょっと休憩したい人にとっては、あまりに長居する客がいると、自分の席が確保できなくなり、迷惑な話かもしれない。 ツイッターでは、アメリカのスタバで、iMacを持ち込む人も多いという投稿も流れており、中にはプリンターを持参する強者までいるそうだ。ただ、スタバを職場化すればするほど、…

続きを読む