それでも「いいね」欲しさにインスタ続ける?

数あるSNSの中で今、急成長を遂げているのが米Facebook傘下の写真共有交流サービス「インスタグラム」だ。ユーザーは海外セレブから一般人まで幅広く、なかには、一般人にもかかわらず多くのフォロワーを抱える“インスタグラマー”も存在する。ファッショナブルで華やかなイメージのあるインスタグラムだが、そこには表面化しにくい“闇”があるという。





「ほかのSNSに比べて、より自己顕示欲が強いユーザーが多いような気がします。とくに女子力が高いキラキラアカウントの女の子たちは凄まじいですよ」

そう語るのは、かつてインスタグラムに登録し、意識的にキラキラな投稿をしていたという松井はるかさん(仮名・26)。ふわっと巻いた長い髪と、パステルピンクのひざ上ワンピースがとても似合う、可愛らしい女性だ。

「もともと、コスメやかわいいものが好きだったので、ファッション関連の投稿をたくさんしてました。同じコスメブランドが好きな子や私の投稿を気に入ってくれた子と仲良くなるのは楽しかったですね」

純粋にインスタグラムを楽しんでいた松井さんが、その後翻弄されることになったのが、インスタキラキラ女子特有の自己顕示欲の世界だったという。

「もっともわかりやすい例をあげると『いいね』稼ぎに躍起になっている女性ですね。たとえば、有名ブランドの新作バッグを発売初日に購入して、速攻でインスタにアップするんですよ。そうすると、同じバッグが欲しい子たちから『いいね』の嵐になるんです!誰よりも早く最新のものを手に入れて、誰よりも多く『いいね』をもらいたい、というタイプの子です」

松井さんが、さらに理解できないというのが、朝早くからデパートに並び、せっかく苦労して手に入れたものを、ほぼ未使用で売ってしまうことだという。

「その子はフリマアプリのアカウントも持っていて、買った商品を『似合わなかったから売ります』なんて言いながら、午前中に売りに出しちゃうんです。しかも、定価で売りに出すので転売目的でもないらしくて、本当にただの『いいね』稼ぎだったんだな、と思いました」

写真ありきのインスタは“どんな写真をアップするか”で「いいね」の数が決まる…それを突き詰めた結果、発売初日に買っては写真をアップし、すぐに売ることを繰り返すようになってしまったのかもしれない。





「いいね」を稼ぐ程度なら、気になることもなかったという松井さん。しかし、ある相互フォロワーの行動が、彼女がインスタをやめるきっかけのひとつになった。

「それまで、普通にコメントでやりとりをしていた相互フォロワーのAちゃんから、突然『はるかちゃんにプレゼントを買ったから、住所を教えて』と言われたんです。『なんで買っちゃったの?』とは思いましたけど、今後の付き合いもあるし住所を教えたんです。数日後には、某ブランドの口紅が届きました」

当時はインスタのフォロワー同士でプレゼントを贈り合うのが流行っていたため、とくに疑うこともなく住所を教えたという。

「その後、自分のために買ったコスメの写真をインスタにアップしたとき、Aちゃんから『いいな~。私地方住まいだから買えないんだよね~』という内容のコメントがついたんです。プレゼントのお返しをしようと思っていたので、同じものをAちゃんに贈りました」

一度お互いに贈り合ったことでプレゼント交換はおしまい、と思っていた松井さんだったが、Aさんの対応は異なっていた。

「私が新しい化粧品をあげる度に『それ欲しかったやつ!』みたいな、コメントを書き込むようになったんです。そのコメントがつくと”買って送れ”というプレッシャーを感じていました」

女性ならば、ブランドコスメはそれなりに値が張ることをご存じだろう。大して仲良くもない相手にそこまでする義理はないから、とAさんのコメントをスルーし続けていたという。

「長い間やんわりと断っていたら、Aちゃんの投稿内容が、あるときから変わったんです。『新しい化粧品にばっかり飛びついて買ってるヤツとかバカみたい』なんて、明らかに私に向けた悪口が投稿されるようになりました。『その最新の化粧品欲しがってたの、お前だろ!』って思ったんですけど、相手にしても仕方ないし、かなり不愉快だったのでフォローを外しました。じつは、インスタにはそういう子が腐るほどいるんですよね。しかも、スルーされたら悪口を書きまくるのが常套手段。なかには、悪口を言われたことに腹を立てて、意地でプレゼント交換を続ける子もいるんですよ」

もはや何と戦っているのかわからないが、インスタではよくある光景なのだとか。

引用元
インスタに狂う女子たち、キラキラアカウントに潜む闇


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック