色だけの商標登録ができるように?




 特許庁は1日、文字などがない「色だけの商標」を初めて認めた。

 トンボ鉛筆の消しゴムとセブン―イレブン・ジャパンの店舗や商品に使われる色の組み合わせを、商標として認めた。これまで文字や図形に加え音やホログラムなども、商標として認められていたが、色だけで商標登録されたのは初めて。企業のブランド戦略を支援する。

 商標登録されたのは、トンボ鉛筆の消しゴムのケースに使われる「青・白・黒」と、セブンイレブンの看板や商品に使われる「白・オレンジ・緑・赤」の組み合わせ。

 通常、色だけの商標登録は認められず、今回は例外的な措置となる。
 特許庁はどちらの色も企業が30年以上使っているうえ、商品の市場シェアが高く、積極的な宣伝を続けている点などを重視。消費者の認知度も高いことが登録の決め手となった。

 同庁によると、色の商標は現在492件出願されており、テレビCMなどで使われる音(ジングル)と並んで企業の関心が高いという。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447515611
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック