ATMでセブンイレブンのクーポンがもらえる?

 セブン銀行はATMに近づくとスマートフォン(スマホ)にクーポンを配信するサービスの実証実験を始めた。クーポンはグループ会社セブン―イレブン・ジャパンのコンビニエンスストアでコーヒーと交換できる。人通りの多い場所にもあるATMを活用した情報発信の可能性を探る。

 東京都内と神奈川県南部を結ぶ京急線の23駅に設置しているATM38台が対象。28日まで実施する。米アップルのスマホ「iPhone」でカレンダーアプリ「ジョルテ」をインストールすると、情報配信サービスを利用できる。

 セブン銀が対象のATMに近距離無線装置(ビーコン)を取り付けておく。消費者がスマホの近距離無線通信規格「ブルートゥース」の設定をオンにして近づくと、クーポンを受信できる。

 クーポンの発行システムとアプリの連動で野村総合研究所、アプリへの配信などで位置情報サービスを手掛けるブログウォッチャー(東京・中央)の協力を受ける。

 セブン銀は国内で2万3千台強のATMを置いており、ゆうちょ銀行のATM台数に次ぐ規模。1日当たりの総利用件数は200万件を超える。

日経MJ(流通新聞)より


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック