ブラジャーを着けると昇進できる?

「とても気持ちが安らぐんです。もうブラなしでの生活は考えられません」――。

ブラジャーを愛用する男性、「ブラ男」の存在がクローズアップされたのは2013年頃からだといわれている。彼らはいわゆる女装趣味を一切持っていない。一見、ごく普通の男性として日常生活を送っている人たちだ。職場の同僚はもちろん、友人だって、よもやスーツの下にブラジャーを着けているとは、想像だにしないだろう。なぜ普通の男性が「ブラジャー」にハマるのだろうか?

“ブラ男”歴10年という大阪市内に住む会社員・タカトシさん(37)は、「ブラを着けるようになって他人にとても優しく接するようになった」と話す。

「下世話な話ですが、性的に満たされているとストレスが溜まらない、だから幸せに満ち溢れるといいますからね」

職場でのストレスから“ブラ”を着けるようになったと語るタカトシさん。きっかけは、係長職に昇進して「プレイングマネージャー」的な役割をするようになってからだ。今では、ブラだけではなく女性用ショーツも愛用しているという。だが、なぜ“ブラ”に“ショーツ”なのか。

「職場の宴会で、ブラとガーターベルト、ショーツで踊ったのがそもそものきっかけですね。なんか体を心地よく締め付けられる感覚、これが心地よくて。女性がいつも落ち着いているのは、コレなのかと思いましたよ」

この体験以降、時々、こっそりブラやショーツ、ストッキングを身に着けるようになったタカトシさん。その安堵感と幸福感にハマり、今では日常的に“ブラ”を手放せなくなっているという。

「ブラをしているとイライラしなくなるんです。女装趣味ではないんです。ただブラの締め付け感、これが気持ちを落ち着かせる。だからブラをしないで職場に行くと、もうイライラして。それで職場にもブラをしていくようになりました」

営業職のタカトシさんは、ブラを着けて通勤するようになってからスリーピースのスーツを愛用するようになった。ブラの線が透けて見えるので、それを避ける目的である。





「薄着でブラを付けられない夏場は、ずっとイライラしっぱなしでした。それで、ブラが無理なら、せめてショーツだけでもと、夏はショーツを身に着けたのですが、ブラのような落ち着き感はありません。やはりブラとショーツ、上下揃ってのセットなのでしょうね……」

こう語るタカトシさんは今、通勤用、プライベート合わせて約20着のブラ、ショーツを持っている。ガーターベルト、キャミソール、ガードルも愛用しているという。

「女性用下着を身に着けるようになり、自分の女性性が引き出されて、それがいい具合に男性性とマッチしています。我慢強さと積極性です。妻も理解してくれています」

“ブラ男”になって10年、購入する場も変わった。タカトシさんが女性用下着を身に着けるようになった07年当時は、通販で購入していたが、いつしか購入の場はインターネットが主流となった。だが最近、それもまた変わりつつある。

「百貨店の女性下着売り場です。今では顔馴染みの店員さんもいますよ。その彼女の見立てで、最近は高級ブランドにも手を出しています。重要な会議前、プレゼンがあるときの“勝負下着”です」

実際、京阪神地区のいくつかの百貨店の女性下着売り場に聞いてみると、男性がみずから着用する目的で購入する客も少なからずおり、「基本的にはサイズを測り、ご希望を伺って推奨する商品があればお勧めする」(大阪市内の某百貨店店員)という。

もちろん売り場に他の女性客がいれば、「互いに目につかないところで接客する」(同)という配慮も怠らない。ブラ男たちによると「アパレルチェーン店でも同様の対応だった」という。このように男性がみずから着用するブラやショーツを実店舗で購入できる環境は整っている。





「僕は『女性用の女性下着派』ですが、最近は、『メンズブラ派』の人もいますね。僕がブラをつけ始めたときに、メンズブラがあれば、そっちに行っていたかも……」

かつて男性が身に着ける「メンズブラ」といえば、インターネット下着販売サイト・WishRoomしかその名を聞かなかった。だが最近では、いくつかメンズブラを手掛けるメーカーも出てきた。いずれもインターネットでしか販路を持たないメーカーである。

このメンズブラを愛用する男性(43)は、「(ブラを着けた際の)さらしを巻く感覚の心地良さを求めているので、可愛らしさは求めていない」と話す。

この動きを、国内外の女性用下着メーカーはどう見ているのか。国内外の主要メーカーいくつかに問い合わせたが概ね次の回答で一致していた。

「現状では市場規模が小さいと思われる男性用ブラ・ショーツの開発は考えていません」

もし大手女性用下着メーカーが、男性用ブラ・ショーツを手掛けるとなると、男性の体型に合わせた「型(パターン)」づくりが必要となり、市場に出る際、「とても高額なものになってしまう」(国内大手女性下着メーカー広報)という。なので国内外の女性下着メーカーが「男性用ブラ」「男性用ショーツ」を手掛けることは、「当面はないと見ている」(同)。

今、深く静かに社会現象化しているこの“ブラ男”だが、そんな彼らにはいくつかの「グループ」が存在するのだそうだ。

まずひとつはタカトシさんに見られる「男性として、ただ女性用下着を身に着ける」というもの。これは女性用下着の心地よさをこよなく愛する人たちである。メンズブラを愛用する人もここに含まれる。

そしてもうひとつが、本来は女装趣味だが、女装姿での通勤、日常生活が困難なことから下着のみ「女性用」を用いているという人たちだ。

ここに最近、新たなるグループが登場したという。タカトシさんに解説してもらった。

「性感を得る目的で女性用下着を身に着けるグループです。彼らが愛用するのは『ヌーブラ』。外すとき乳首への刺激、開放感がタマラナイという話は聞きます。実は、僕も今、ハマっています」





ヌーブラ派は、いたってノーマルな男性が、配偶者や彼女から「ヌーブラ」の着脱感を話に聞き、ヌーブラを着用。趣味が高じて、ブラ、ショーツへと発展していくのだという。

また、最近では、性感帯が乳首という男性もまた“ブラ男”の世界への仲間入りを果たしているという声も耳にするところだ。そうした男性の1人(38歳)に話を聞くことができた。

「乳首に『スポールバン』『ピップエレキバン』を貼り続けると、とても感度が高まるのです。それでただシャツを着ても感じてしまうので、ニプレスやブラが必要になってくる。それ以来、ずっとブラを身に着けています」

ブラを身に着けると、どうしても男性用のパンツとの見た目が悪い。そこでショーツも揃えて上下で、ということになり、いつしかブラ、ショーツ以外の女性用下着もそろえるようになっていくのだという。

「職場でダラッとしている男性を見かけることは多くても、女性でそんな人少ないですよね?ブラを身に着けるようになってわかりました。自然体でキチッとできるようになるんです。男性から見て『女性ってスゴイな』と思えるところ、それを引き出すことができるんです」(冒頭部で紹介したタカトシさん)

ブラ男たちによると、ブラで「優しさ」、ショーツで「積極性」、ガーターベルトとストッキングで「落ち着き」もしくは「余裕」がそれぞれ引き出されるのだそうだ。

今回の取材では「女性用下着派」「メンズブラ派」「ヌーブラ派」を代表する3人の“ブラ男”たちから話を聞いたが、ブラ着用には思わぬ副産物があったという。彼らはブラをするために夏でも、ジャケットやシャツを着て周囲の視線から逃れているため、結果的に年中、きちんとした服装をしている。また、ブラとショーツのお陰で姿勢がいい。その結果、「きちんとした奴だ」と見なされ、職場からの信頼が厚くなったというのだ。

引用元
ブラジャー着用にハマる男性増殖中、意外な動機とメリット

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック