東京大学出身は本当に仕事ができるのか?

 日本の学歴社会の頂点に君臨してきた「東大法学部」。政財官に人脈を伸ばし、国を支えてきたえたエリートたちの母体だ。良くも悪くもスタイルを変えてこなかった「象牙の塔」にも、時代の激変の波は押し寄せる。偏差値序列社会は終わるのか。かつて「砂漠」と称された東大法学部はいま、脱皮の時を迎えている。AERA 2017年3月27日号では、東大法学部を大特集。

 基本スペックは「ずば抜けた頭脳」。それだけに、いろんな意味で周囲とは違う人。それがトーダイさん。あなたのそばにも、いるかも。

*  *  *

「あなたのまわりの東大法学部卒について聞かせてください」。アエラネットでの呼びかけに答えてくれたのは45人。20代から60代までと幅広かったが、全体を通して多かったのが「とにかく頭がいい」「記憶力が抜群」。そして「どこかズレている」「プライドが高い」という声。

「すごくできる人とまったく使いものにならない人の両極端」(56歳・女性)

「立派な人も多いが、対人スキルが著しく不足している人も」(49歳・女性)

 という言葉からも分かるようにちょっと変な人が多い。

 とはいえそんな中でも、頭脳も人柄も「超人的」というトーダイさんもいるらしい。なんとも羨ましい限りじゃないか。さっそく編集部に寄せられた「目撃情報」を紹介したい。

「中学・高校の後輩。毎年クラス委員に選ばれるほど優等生で友人も多い。何にでも積極的で前向き」(39歳・女性)

「事務処理能力は高く、つまらない仕事も淡々とこなす」(47歳・男性)

「とにかくポジティブ。仕事以外のネットワークもすごくて、健康な体づくり、オペラ鑑賞、神社巡り……いくつものコミュニティーに参加。SNSでつながる友人は約3千人。相談事にも嫌な顔ひとつせず、知識や情報は惜しみなく与える。何かを『引き寄せる人』ですね」(友人の夫が東大法学部卒だという55歳の女性)

「すごいキャパを持った官僚の友人が何人かいる。月150時間を超える残業もザラ。日曜夜の飲み会の後、日付が変わる前に、そのまま霞が関へ出勤していった」(25歳・男性)

 もちろん、「東大卒=仕事ができる」とは限らない。

「役員は東大の法・経済学部卒で占められていたが、それで経営が順風満帆だったかといえば、さにあらず。日本有数の技術を持ちながら解散に追い込まれ、不採算部門を整理するにも決断ができず。連日会議で『何とかしろ』と叱責するばかり」(旧財閥系企業の秘書室に勤務していたという67歳の女性)

 欠点を自覚しながら、開き直る暴れん坊もいる。

「私の上司ですよ。『東大法学部は勉強は好きだがコミュ障が多い。ワタシもコミュ障だ! 判断力にもコミュニケーションにも全く自信がないから、よろしく!』って。どうしたらいいんですかね……」(37歳・男性)

「一度にたくさん処理できない。一つのことにかかわっていると、目の前で電話が鳴っても気づかないほどで、使いものにならなかった」(66歳・女性)

「アメリカに赴任しても、英語もろくに話せない東大法学部卒がいました。アメリカ人からは相手にされず、現地のエリート大卒には及びもつかない。結局、日本人同士集まって受験の思い出話ばかりしていた」(年齢不明・女性)

「娘の塾の担任。あらゆる教科を教え、志望書作成・面接練習など全てをやりこなす頼れる存在。ただ、かなり偏ったご趣味のゲームオタク。遊んでいないせいか、高校生の好きなスポーツや芸能情報は全く知らない」(54歳・女性)

「さる弁護士。本を読めば一発で全て頭に入り、司法試験も学生時代に合格。しかし、この人のいる打ち合わせに『大桶』で寿司を出すと、他人の遠慮もお構いなしに、ウニとイクラを全部食べちゃう」(67歳・女性)

「身近にいます! 父です。頭が良すぎて変人。だけど、56歳になっても努力を惜しまず、いつも勉強してます。ゴルフしない。お酒飲まない。よく、ピーポーピーポーって言いながら廊下を小走りしてる」(25歳・女性)

「いつも夕食は自宅近くの老人福祉施設併設の食堂でとるという知人。高齢者に親近感があったりするのかなあと思ったら『あそこで食べるのが一番、栄養バランスがとれていて、安いから』。そして銭湯が安らぎ。『節約してないのになぜかお金が貯まる』そうです……」(46歳・女性)

引用元
優秀だけど何かヘン? 東大卒の“困ったさん”たち



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック