歩行者が邪魔だから「チリンチリン」鳴らした?それ違法です!!

「自転車は、道路交通法により、原則として『歩道』を通行してはならず、『車道』を通行しなければならないことになっています」

では、あの迷惑な自転車たちは、すべて「道路交通法違反!」と言えるのだろうか?

「ただし、例外があります。道路標識等により、自転車が歩道を通行してもよいことになっている場合や、自転車の運転者が児童や70歳以上の高齢者など一定の場合には、歩道を通行することができます」

M美さんの自宅付近の歩道は、道幅が狭い一方、歩行者の通行が多い。そんな歩道では、自転車はどのように走るのが望ましいのだろうか?

「自転車で歩道を通行することができる場合であっても、徐行が原則であり、かつ、歩行者の通行の妨げとなる場合は、自転車のほうが一時停止しなければならないこととなっています。

また、歩行者が普通に歩道を歩行しているときに、自転車のほうがむやみに警音器を鳴らすこと自体も、違法とされています」

つまり、あの「どけ、どけ」と言うがごとくの「チリンチリン」は、道交法に違反する行為といえるようだ。さらに、谷原弁護士は「無法者」たちにこう警告する。

「したがって、自転車の運転者が警音器を鳴らして歩行者に道を譲らせるという行為は、警音器を鳴らすことも違法、歩行者に道を譲らせることも違法、ということになります」

エコのため、健康のためといった理由で、自転車の愛好者は増えている。しかし、歩行者との共存がないかぎり、そのブームは、歓迎されざるものとなってしまうだろう。正しいマナーを守ったうえで、さっそうと走っていただきたい。

引用元
歩行者をイラつかせる「自転車のベル」は道路交通法違反?


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449921218
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック